利用する

主婦

消費者金融で専業主婦の借り入れ

総量規制が導入されて以降は、専業主婦の方のキャッシングが厳しく規制されるようになっています。キャッシングの審査の世界では専業主婦は基本的に無職扱いなのです。自身でパートやアルバイトなど安定した収入が無い場合申込をすることができなくなっているのです。総量規制が導入されてからは、専業主婦の借り入れ申し込みは旦那様の同意書が必要となっています。そのため内緒で申込をすることができないのです。さらに審査では専業主婦だけでなく旦那様の審査を行います。一般の働いている方の申し込みよりも審査する項目や管理する書類も多くコストがかかるために法律で貸付禁止されていないものの融資はしていないのが現状となっています。

専業主婦の方の借り入れについて

専業主婦の方が消費者金融でお金を借りるには、旦那様の同意書が必要ですがそもそも専業主婦に貸し付けを行っている消費者金融となると大手ではどこも融資をしておらず、中小消費者金融でもほとんどないといっていいくら融資している会社が少ないのです。どうしてもキャッシングを利用したい場合ですが、消費者金融のキャッシングではなく銀行のカードローンに申込をすることです。銀行カードローンは総量規制の対象外となるローンですので、専業主婦の方へも融資を行っています。パートやアルバイトをされていない専業主婦の方であっても旦那様を審査の対象とすることで申込ができます。収入証明書も原則不要でカードローンの申し込みができます。