住宅ローン返済の相談|上手にキャッシングを使ってローン上手に〜ユウシくんのお得情報〜

住宅ローン返済の相談

貯金箱

早めの相談が鍵となります

住宅ローンを払えない状況に陥ったら、迷わず金融機関に相談することです。リスケジュールといって毎月の返済額を再考してもらうことが可能です。毎月の返済額を減らして返済期間を長くすることで解決できるかもしれません。 すでに滞納してしまい督促通知が来ている場合もリスケジュールに応じてもらうことは可能です。とにかく、相談する決心がつかずに時間だけが過ぎてしまっては大変です。滞納が続くと最悪の場合競売にかけられることになります。 もしも滞納が3か月を超えていたら、最終的な通告書が届きます。期限の利益の喪失予告とも言い、この時点で残債は分割払いできなくなります。ローンの残債全額と遅延損害金の一括支払いを求められます。1か月分でも滞納したらすぐに専門家に相談してください。早ければ早いほど解決の手段があります。住宅ローンが払えないとわかった時点で相談していただくことも可能です。そのような場合は専門家が金融機関に同行してリスケジュールを考えることもできるからです。

住宅ローンが払えないまま放置すると競売に

様々な都合でリスケジュールしたところで、住宅ローンを払えない状況だったり、すでに住宅ローンの残債を一括請求されている場合があります。それでも、専門家に相談することで競売を免れることは可能です。競売にかけられると近所にも知れわたりますし、売却価格も市場の7割ぐらいです。これでは引っ越し費用も出ないでしょう。新たなスタートを切ることさえ困難な状況になります。そうなる前に任意売却と言う方法があります。こちらもマイホームを手放すことに変わりはありませんが、市場価格での売却ですから、場合によっては手元にお金が残ることもあります。しかし、任意売却の交渉は個人では難しいでしょう。専門知識のあるプロに頼むのが賢明です。住宅ローン滞納の専門業者は多数あります。任意売却以外にも親子間売買などの相談にも乗ってくれることでしょう。電話やメールでの無料相談もあります。借入れ金融機関や残高などの資料を用意して相談するとよいでしょう。住宅ローンが払えないからといって一人で抱えこまずに相談してみてください。