初心者でも安心

紙幣

カードローンは、銀行が提供するサービスと消費者金融が提供するサービスとでその内容が異なります。カードローンなどの借入れをするときは、消費者金融を利用するイメージを持つ人が多いのですが、銀行でも個人向けに融資をするサービスを提供しているのです。更に、銀行でのカードローンには、利用するメリットが数多くあり、便利です。銀行カードローンを利用するメリットの一つは、総量規制対象外ということです。総量規制とは、借入れの金額を年収の3分の1までに制限するというものです。消費者金融からの借入れにはこの規制が適用され、年収の低い人はまとまった融資を受けることができません。銀行カードローンはその規制の対象外であるため、年収の3分の1を超える金額の借入れが可能になるのです。車の購入のようなまとまった融資が必要なときには、消費者金融に申し込みをするよりも、銀行カードローンの申し込みをする方が審査に通りやすいと言えるでしょう。銀行カードローンを利用するもう一つのメリットは、借入れの金利を低くして利用できるということです。銀行カードローンは、消費者金融に比べて金利が低く設定されていることが多く、返済に関する負担を抑えることができます。初めてカードローンを利用するとき、その仕組みや返済について不安がある場合には、まず銀行カードローンに申し込みをすることがおすすめです。銀行カードローンは、その返済に困ったときでも、利用者の相談にのってくれることもあるなど丁寧な対応も期待できます。